〒378-0054 群馬県沼田市西原新町1510  TEL 0278-23-1313 FAX 0278-22-4799   電子メール numata-hs@edu-g.gsn.ed.jp
 

ログイン

メニュー

TOPオンライン学校説明会学校概要校長室より学校生活について学校行事・生徒会行事部活動進路指導部より図書館より中学生の皆さんへ沼高保護者の皆様へ事務室より治癒証明書について新型コロナウイルス感染症の対応についてPTA活動について五常館の学食定時制より笑顔の5:30外部リンク同窓会より

カウンタ

COUNTER468007
Since August 29th, 2019

ハイスクールガイド

県内のハイスクールガイド(県教育委員会HPへ)
 

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
登録ユーザー8人

生徒・保護者の皆様へ

台風の接近及び大雨・大雪等に伴う本校の対応について
 近年、気象状況悪化による被害が増大する傾向にあります。沼高では、生徒の安全確保に向け、対応マニュアルを改訂しました。生徒、保護者におかれましては、是非ともご周知の上、対応をお願いします。

 沼高 台風・大雨・大雪等の対応について.pdf
 

生徒指導部より

生徒・保護者の皆様へ

令和2年度県立沼田高等学校
部活動基本方針


令和2年度部活動基本方針.pdf
 

お知らせ

令和2年度末県立学校教員人事希望表明制度について


PDF資料についてはこちらからご覧下さい。

 → 人事希望表明制度公募資料.pdf
 

沼高情報発信します!

中学生の皆さんへ

コロナウィルス感染症による臨時休校が続いたため、今までホームページを在校生・保護者への発信中心に行ってきましたが、今週より通常登校も始まったため、今後は中学生の皆さんへの発信も積極的に行っていきたいと思います。
特に今年は感染症対策で夏のオープンスクールの実施も難しいため、「オンライン学校説明会」や「プロモーションビデオの作成」等も検討しておりますが、加えてホームページでの発信もできるだけ更新して充実させたいと考えています。
また、この「校長室より」でも多くの皆さんに沼高がどんな学校か知ってもらうことを目的として、今後少しずつ「沼高紹介」「沼高の魅力」「入試情報」等について書いていく予定です。時々チェックしていただければ嬉しく思います。

 

沼高の魅力①

中学生の皆さんへ「沼高の魅力①」

昨日書いたように今日から沼高情報発信します。
沼高の魅力は伝統、実績はじめ数々ありますが、まず第一に挙げたいのは職員の情熱です。とにかく一人一人の生徒に目を配り、何回も面談を繰り返し生徒の高校生活の充実・部活動の充実・進路実現を図っています。それが特に発揮されたのはコロナウィルス感染症による臨時休業中でした。生徒の生活状態を把握し、学習の遅れを最小限に防ぎ、あわよくば通常登校時以上の学力向上を目指した先生方の努力は大変なものでした。具体的には下記のような取り組みをしました。

①ズームによる相互通行授業
②YouTubeでの授業配信
③ズームによる朝のSHR
④時間割に沿った課題配信・オンライン(クラッシー)での課題配信・学習時間調査
⑤個別登校による二者面談・ズームによる二者面談
等々


ここまでやった高校は県下でも少ないと思います。
決して事前にネット環境が整っていたわけではない本校でこのような指導が実施できたのは、ひとえに職員の情熱・教師と事務室の協力があったからです。どんな状況でも最大限の教育活動を展開しようという職員の情熱を礎に、沼田高校は今後も「日本一生徒を伸ばす学校」を目指します!


広報沼田より

 

沼高の魅力②

中学生の皆さんへ「沼高の魅力②」

本日は沼高の魅力として、123年間の伝統の中で守られ続けて来た「文武両道」について書きます。ここでいう「文」とは主に学習(授業や受験勉強等)を指します。「武」とは運動部に限らず文化部や生徒会活動も含めた課外活動を指します。
なぜ沼高がこれにこだわるのか。それはしっかり学力をつけるのはもちろん、将来リーダーとして社会を引っ張るにふさわしい人格、そして強靱な心身を育てたいからです。「文武」の両立は容易なことではありません。「困難に立ち向かう強い意志」や「絶えず時間を有意義に使う力」がなければ成し遂げることは困難です。そして難しいからこそ、それを目指して努力を続けた人は、人格的にも能力的にも大きく成長し、社会で活躍できる力が身につくのです。

文武において具体的にどんな結果を出しているのか。昨年度の顕著な実績を挙げておきます。

武」について
①インターハイ優勝(フェンシング個人) 
 *昨年度県内2名、公立は本校のみ
②インターハイに4つの部活動が出場(剣道・卓球・フェンシング・スキー)、二つの部で入賞 (フェンシング優勝・スキー4位)
 *県内で本校のみ
③部活加入率106%(今年度)

「文」について」
①大学現役合格率96.8%
 *県内トップクラス
①難関大合格者数(旧帝大・一橋・東工大) 6名 
 県内高校で5名以上は7校のみ・中規模校では本校のみ
③国公立医学部8年連続合格
 *県内高校では5校のみ
②公務員合格6名
 *県内トップクラス

中学生の皆さん、沼高で「文武両道」を究めてみませんか?
 

沼高の魅力③

中学生の皆さんへ「沼高の魅力③」

本日は沼高の魅力として「地域との一体感」について書きます。
沼高は開校以来数多くの有為な人材を社会に輩出してきました。その中には登山家・山田昇さんのように世界的に有名な方もいれば、利根沼田地域をリーダーとして支えてきた人材も数多くいます。
現在でも、市長さん、県会議員さん、市会議員さん、小中高の先生方、企業経営者の方等、地域を支える沼高OBは数え切れないほどいます。
一方その先輩方をはじめとする地域の方々が沼高を支えてくださっているのです。さらに同窓生以外でも沼高生の力になりたい、沼高に協力したいという地域の方々は数多くいます。こんなに愛されている学校も珍しいと感謝するばかりです。

同窓会、PTA、そして地域の方々と生徒・職員が一体となってできた「チーム沼高」が沼高生の文武のパワーを生み出しているのです!



沼高生と市会議員さんの意見交換会



 
 

沼高の魅力④

中学生の皆さんへ「沼高の魅力④」

本日は沼高の魅力として「心を大切にする学校であること」について書きます。
沼高には開校以来引き継がれてきた「五常の教え」という行動規範があります。これは儒教を基とする「仁義礼智信」という5つの教えです。

仁-思いやりの心   誰かのために役立ち感謝される
義-不正を憎む心   弱い立場の人や困っている人を助ける
礼-他人を敬う心   あいさつする・有り難うと言える
智-善悪を判断する心 人として正しいことをする
信-誠実な心     ひた向きにやる⇒信頼される


どれも当たり前で、昔から言われていることのように思えますが、果たして今の社会でそれが実現されているでしょうか。いじめ、ネット上での誹謗中傷、新型コロナウィルス感染症に関わる差別や他者攻撃等、他者を思いやれない場面が数多く見られます。このような社会の延長上には、決して人々の幸福はあり得ないでしょう。

沼高生は優しい風土の地域社会で育ったことに加え、この教えを意識して生活しているため思いやり、生真面目さ、利他的な心を持つ生徒が多いように感じます。
高校で学力を高めることはとても大切ですが、それ以上に大切なのは人格を高めることです。
心を大切にする学校」これは沼高が絶対譲れないこだわりの一つなのです。

五常レンジャー
   


 

沼高の魅力⑤

中学生の皆さんへ「沼高の魅力⑤」

沼高の魅力シリーズ最終回です。本日は沼高の魅力として、生徒も職員も「すべてのことに全力を尽くす学校であること」について書きます。
以前にも書いた文武両道は当たり前、沼高生徒・職員は行事にも、遊びにも、新型コロナ対策にも全力を尽くします。行事のように楽しいことは貪欲に楽しみ、コロナ禍のようにつらいことからも目を背けず正面からぶつかります。男のプライドをかけた定期戦もクラス対抗のスポーツ行事である「クラスマッチ」も全力を尽くします。女の子の応援もないのに必死で頑張ります(笑)
思春期にありがちな「勉強してないふりをする」「努力してないけどできるポーズ」を取るという美学でなく、勉強でも部活でも泥臭くひたむきにやることを美学とする生徒が圧倒的に多い学校です。   

そして今回、オープンスクールの代わりとなる「オンライン説明会」の動画も全力で作りました。是非視聴してみてください!